住宅ローン借り換えで名義変更は必要?

住宅ローンの返済は長期間に渡るので、その間に生活環境が変わるということは考えられますね。
離婚によって夫婦形態が変わる場合に良くある話が「夫婦共有の住宅ローン名義(夫婦で連帯債務者)の場合、財産分与で住宅を妻が取ったケースでは夫は連帯債務者から外れることはできるか?」という問題です。
答えは「できません」です。
仮に住宅所有者を妻の単独名義に変更した場合でも夫の債務は残ります。
不動産名義と住宅ローン名義は全く別のものです。
どうしても夫を債務者から外したい場合は、妻名義で住宅ローンを組んで借り換えるという方法になります。
妻の名義で借りた資金で夫婦連帯債務の住宅ローンを繰り上げ返済してしまえば借り換え前の住宅ローンは完済なので、夫の存在は無関係になります。
住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】