フラット35審査のポイントは?

フラット35の融資を受けるためには、対象となる物件が技術基準審査に合格する必要があり、その上で借り入れる個人も審査に通る必要があります。
フラット35は住宅金融支援機構と民間の金融業者が提携して提供している住宅ローンで、申し込みは金融機関にて行います。
申し込み資格は、年齢は原則70歳未満、日本国籍または永住権を取得していること、年収に対する総借入額金(フラット35を含めた)の年間返済額の割合が年収400万円未満なら30%以下、400万円以上なら35%以下であること、借り入れ対象部権の一部または全部を所有していることとなっています。
又、年収に関しては、申し込みの前年度の年収で審査されることになります。
フラット35の借り換えは損?手続きや諸費用を分析! 【メリットは?】